ビルメイトロゴ トップページへ 有限会社 ビルメイト
BUILD.MATE イメージ画像
コンテンツ
会社概要
サービス概要
よくあるご質問
お問い合わせ
トップページ
シロアリ対策
 

 
古来のネズミ対策方法

現在では、超音波や粘着シートを用いてネズミ対策を行っている方は多くいらっしゃるでしょう。また、ネズミ駆除業者に依頼をしてネズミ対策を行うご家庭や飲食店なども多くあります。
しかし私達の祖先は、上記とは異なった方法を用いてネズミ対策を行っていました。


私達の祖先もネズミの被害には非常に悩まされていたそうです。そんな先人達がネズミの撃退として用いた方法は、猫を「ペット」として飼うことでした。猫をペットとして飼い、ネズミ駆除をしていたのです。そこで疑問に感じることは、どうして猫だったのかということ。
その理由は、猫の並外れた「聴力」にあります。

ねこの聴力というのは非常に発達しており、その聴力は、人間はもちろんのこと、犬をも上回る性能の良さです。そのような聴力を持つ猫をネズミ撃退のペットとして飼い、ネズミによる被害の拡大を食い止めようと古代エジプト時代の先人達を考えたのだそうです。

このように猫をネズミ駆除として飼っていたため、現在でも猫はネズミの「天敵」として私達に広く認識されているのです。


ネズミ返し

ネズミの種類には「クマネズミ」がいます。
このクマネズミはネズミの種類の中でも、垂直の動きを得意としたネズミです。
そのような動きをするクマネズミは、高い住居であっても容易に侵入をしてきました。

そこで、クマネズミが住居に侵入が出来ないように考えだされたのが「ネズミ返し」です。高床式の柱の上部に平らなネズミ返しを取り付けることにより、クマネズミは侵入が出来なくなったそうです。


日本で考えられたネズミ返しですが、ヨーロッパでもこのネズミ返しに似た物は使用されていたそうです。世界中どこの国や地域であっても、ネズミの被害に悩んでいて、対処法が考えられていたのかがわかります。

このようにして私達の祖先達は、ネズミの能力を考えて、その対策を講じていたのです。

熊本にあるビルメイトでは、ネズミ駆除を行っています。
今も昔もネズミによる被害は多くあり、家庭はもちろん、食品工場でもその対策に追われています。
ビルメイトでも、先人達のようにネズミ対策をしっかりと考え、対処致しますので、ネズミ駆除をお考えでしたら、ぜひビルメイトにご相談ください。
またレンタル料金も掲載しておりますので、そちらもご確認ください。



ビルメイト Copyright
有限会社ビルメイト 〒861-8001 熊本市北区武蔵ヶ丘9丁目2-58
TEL:096-337-6757  FAX: 096-337-6774